室内用アンテナ

アナログ放送からデジタル放送化になり、多くの人はテレビの購入やアンテナの設置を行ったでしょう。テレビは日常生活で欠かせないものの一つで、日本や世界中の情報を得ることができます。また娯楽の一つとしてもテレビを楽しむ人も多いです。デジタル化したことで、今まで通りテレビを見るためにはアンテナの設置が必要になります。デジタル放送は、UHFアンテナを通じて受信して初めてテレビを見ることができます。

テレビのアンテナというと多くの人は屋根に装着するものを想像するでしょう。しかし最近では外観に影響が出ることを嫌って、室内アンテナを使用する人もいます。室内アンテナの大きさはさほど大きいものではなく、室内の場所を確保するのが難しいというほどではありません。室内以外ではベランダなどに置く家庭も多いです。

一番のメリットは工事費が一切かからないということです。電波塔に向かって受信しやすい場所に室内アンテナおくだけでデジタル放送を楽しむことができます。ただし一番の問題は必ずしも受信できるかどうかはわからないということです。強い電波が受信できる地域では比較的に室内アンテナも可能ですが、そうでない地域では受信が難しくなります。鉄筋コンクリートのほうが受信しにくく、木造の建築物のほうが受信しやすいという特徴もあります。設置してみなければわからないという点を配慮したうえで購入しましょう。

屋外用アンテナ

テレビのアンテナというと多くの人が屋根の上に載っているアンテナを思い浮かべるでしょう。アナログテレビと同様、地デジアンテナも似たようなアンテナを使用しなくてはいけません。配管を通じてデジタル受信をする方法もありますが、毎月定額で費用が掛かってしまいます。屋外アンテナであれば、初期の設置費用が掛かるだけでずっとデジタル放送を楽しむことができます。地デジアンテナは高いというイメージを持っている人も多いですが、長期的に考えると決して高いものではありません。

さらに最近では地デジアンテナも種類が増え、一般的な魚の骨のような形をしているアンテナ以外でも選択することができます。デザインアンテナと呼ばれる、外観を損ねることのない地デジアンテナもあります。デザインアンテナの多くは家の壁面に取り付けることが多く、壁の色目によって色を選択することができます。そのため外観としてあまり目立つことなく、アンテナを取り付けることができます。それでも多少の厚さや箱のようなものがついているのが気になるという人もいます。そう言った人には屋根裏につけることができるデザインアンテナなどもあるため専門業者に相談してから決めるようにしましょう。

地デジアンテナは必要

日本では2011年の3月末をもって地上テレビジョンからデジタル放送へ移行しました。その後地域によっては電波の受信が難しいとされている地域もあり対策が進められてきました。それも2015年の春にはすべて解消することができ、日本は完全デジタル化することができました。世界と比較すると、1998年にイギリスで初めて行われたことがきっかけとなり、今では欧米、アメリカ、中国、韓国、ドイツ、イタリアなど世界40各国以上でデジタル放送化に移行しています。

今までテレビを見るために受信していた電波は無限と思われがちですが、周波数には限りがあるため、上限に限りなく近い状態になっていました。それをデジタル化することで、空いた周波数を違うものへと有効活用することが可能になりました。デジタル化に伴い多くの人はテレビの購入やどのような条件なら見ることができるのかなど混乱もあったでしょう。そこでデジタル化に伴い一般家庭で必要になったのが地デジアンテナです。

デジタル放送はUHFという電波を使用して送信しています。そのためUHFアンテナを自宅に設置することで、デジタル放送を受信することができます。UHFアンテナは種類によって設置の仕方が異なり、価格も様々です。自宅の環境によって受信のしやすさやしにくさが異なります。デジタル放送でテレビを楽しむためにも地デジアンテナは必需品になります。初期費用は掛かりますが、長期的に見ると最も費用を安く抑えることができます。