地デジアンテナの役割

地デジアンテナの役割を分かりやすく解説!

室内用アンテナ

アナログ放送からデジタル放送化になり、多くの人はテレビの購入やアンテナの設置を行ったでしょう。テレビは日常生活で欠かせないものの一つで、日本や世界中の情報を得ることができます。また娯楽の一つとしてもテレビを楽しむ人も多いです。デジタル化したことで、今まで通りテレビを見るためにはアンテナの設置が必要になります。デジタル放送は、UHFアンテナを通じて受信して初めてテレビを見ることができます。

テレビのアンテナというと多くの人は屋根に装着するものを想像するでしょう。しかし最近では外観に影響が出ることを嫌って、室内アンテナを使用する人もいます。室内アンテナの大きさはさほど大きいものではなく、室内の場所を確保するのが難しいというほどではありません。室内以外ではベランダなどに置く家庭も多いです。

一番のメリットは工事費が一切かからないということです。電波塔に向かって受信しやすい場所に室内アンテナおくだけでデジタル放送を楽しむことができます。ただし一番の問題は必ずしも受信できるかどうかはわからないということです。強い電波が受信できる地域では比較的に室内アンテナも可能ですが、そうでない地域では受信が難しくなります。鉄筋コンクリートのほうが受信しにくく、木造の建築物のほうが受信しやすいという特徴もあります。設置してみなければわからないという点を配慮したうえで購入しましょう。

Previous