地デジアンテナの役割

地デジアンテナの役割を分かりやすく解説!

地デジアンテナは必要

日本では2011年の3月末をもって地上テレビジョンからデジタル放送へ移行しました。その後地域によっては電波の受信が難しいとされている地域もあり対策が進められてきました。それも2015年の春にはすべて解消することができ、日本は完全デジタル化することができました。世界と比較すると、1998年にイギリスで初めて行われたことがきっかけとなり、今では欧米、アメリカ、中国、韓国、ドイツ、イタリアなど世界40各国以上でデジタル放送化に移行しています。

今までテレビを見るために受信していた電波は無限と思われがちですが、周波数には限りがあるため、上限に限りなく近い状態になっていました。それをデジタル化することで、空いた周波数を違うものへと有効活用することが可能になりました。デジタル化に伴い多くの人はテレビの購入やどのような条件なら見ることができるのかなど混乱もあったでしょう。そこでデジタル化に伴い一般家庭で必要になったのが地デジアンテナです。

デジタル放送はUHFという電波を使用して送信しています。そのためUHFアンテナを自宅に設置することで、デジタル放送を受信することができます。UHFアンテナは種類によって設置の仕方が異なり、価格も様々です。自宅の環境によって受信のしやすさやしにくさが異なります。デジタル放送でテレビを楽しむためにも地デジアンテナは必需品になります。初期費用は掛かりますが、長期的に見ると最も費用を安く抑えることができます。

Next